〒142-0062 品川区小山3丁目14番1号 シティタワー武蔵小山2階 201-2号室

その他

Others

その他|品川区小山の産科・婦人科 - ブルーマリヌ武蔵小山女性クリニック

Others

その他

子宮頸がん検診

子宮の下方1/3の管状の部分を子宮頸部、上部2/3の部分を子宮体部と呼び、それぞれの部位に生じるがんを子宮頸がん、子宮体がんと言います。一般的には、子宮がん検診は「子宮頸がん検診」を指します。子宮頸がんは子宮がんのうち約7割を占めます。20代・30代の女性が罹るがんの中で最も多いのが子宮頸がんです。
子宮頸がんは初期では自覚症状がない病気ですが、定期的な検診により初期の段階やがんになる前の段階「子宮頸部異形成」という状態で発見することも可能です。定期的に検診を受けましょう。

受診費用
保険診療のほか公費の子宮がん検診票(自費)も使用できます
検診内容
子宮の出口をへらやブラシでこすって細胞を採取します。痛みはほぼありません
対象者
ご希望のある方全員

子宮体がん検診

子宮体部に発生するがんで、最近日本の成人女性に増えているがんの一つです。子宮体部の内側にある子宮内膜という組織から発生し、子宮内膜がんとも呼ばれています。自覚症状としては不正出血が最も多く、水のような多量の帯下などもありえます。子宮頸がんに比べ、子宮体がんに罹る年代は比較的高齢ですので、更年期あるいは閉経後に不正出血がある場合には特に注意が必要です。閉経前であっても、月経不順がある方、妊娠・分娩歴がない方、乳がんを患ったことがある方は注意が必要です。

受診費用
保険診療のほか公費の子宮がん検診票(自費)も使用できます
検診内容
子宮内膜の細胞をブラシや吸引で採取します。月経痛様の痛みが少しあります
対象者
不正出血などの症状がある方、ご希望のある方

漢方外来

病気や症状には西洋医療だけではカバーしきれない部分が多く存在しています。そういった部分に対し、漢方薬を用いると症状が改善できることがたくさんの研究や経験からわかってきています。たとえば冷え症の治療薬は西洋薬にはありませんが漢方薬には何種類も存在します。また頭痛に対する漢方薬も鎮痛剤ではなく、血の巡りをよくしたり水の流れをよくしたり胃腸の状態をよくして症状の改善をめざします。当院では患者の症状や所見を陰陽、気血水、虚実、表裏、五臓、6病位などの基本概念をとおして患者さんの状態を評価し、個人の体質に合った漢方薬を選択致します。

このようなお悩みがある方は是非ご相談ください

  • 更年期症候群
  • 月経困難症
  • PMS(月経前症候群)
  • 不妊症

不妊相談

継続的に特定のパートナーと性交渉を行っていても一定期間(1年以上)妊娠に至らない場合を不妊症といいます。我が国における不妊症の頻度は約18%と言われています。当院では一般不妊検査・治療を受けていただけますが、より専門的な治療が必要と思われた場合は信頼できる不妊治療専門病院をご紹介いたします。
また診察で子宮筋腫や内膜症や卵巣のう腫など、不妊治療前に治療が必要な疾患が見つかる場合があります。すぐに妊娠したい、というご希望がなくてもまずはレディースチェックなどの早めの検査をおすすめします。

いきなり体外受精などは抵抗があるという方、お二人にとって一番ベストな方法を一緒に探してまいりましょう。お気軽にご相談ください。

不妊症の原因

不妊症の原因については、女性のみに原因がある場合41%、男性のみ原因がある場合24%、男女ともに原因がある場合24%と言われています。不妊症は決して女性だけの問題ではありません。そのため、不妊症の検査はパートナー共に受けることをおすすめしています。

検査内容

問診
既往歴、家族歴、月経、妊娠・分娩歴、不妊期間などをお聞きします。基礎体温をつけている場合はご提示ください。
内診

子宮がん検査、クラミジア・淋菌抗原検査、腟細菌検査など、妊娠前に治療が必要な疾患がないか検査します。

検査結果:約2週間でお伝えいたします。

場合によりヒューナーテスト(精子頸管粘液適合試験)を行います。

超音波画像検査
子宮・卵巣のチェック、場合により卵管通水検査をします。検査結果は当日お伝えいたします。
血液検査
  • 血液一般(貧血、血糖、生化学)
  • 内分泌系(ホルモン基礎値、甲状腺、膠原病)
  • 感染症(B型肝炎、C型肝炎、HIVウイルス、梅毒、風疹抗体)
  • 卵巣予備能の測定(抗ミュラー管ホルモン;AMH)
  • 抗精子抗体検査など

検査結果:約1~2週間でお伝えいたします。

レディースチェック(ブライダルチェック)

レディースチェック(ブライダルチェック)とは、結婚前に限らず妊娠や出産を考えている人が対象で、年齢や結婚の有無も関係ありません。初期症状に気づきにくい婦人科系トラブルの早期発見と治療がメリットです。

レディースチェックの主な検査内容

最近は妊娠年齢が高くなっていて、下記に含まれるような病気を合併している女性が見られます。妊娠中の検査や治療には制限がありますので、妊娠前にチェックしておくことをおすすめいたします。

  • 問診
  • 内診:淋菌・クラミジア抗原検査:分泌物検査
  • 子宮がん検診
  • 血液型(ABO、Rh)検査:血液検査
  • 一般血液検査(貧血、甲状腺ホルモン、糖尿病):血液検査
  • 感染症(風疹抗体価、梅毒、HBs抗原、HCV抗体、HIV抗体)検査:血液検査
  • 超音波検査(子宮・卵巣の異常の有無)

各種ワクチン接種

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

子宮頸がんの予防ワクチンは、性交渉が始まる前に接種することで最大の効果が得られます。性交未経験の女性に接種した場合は子宮頸がんの60~70%の予防が期待できると報告されています。
HPVワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV16型とHPV18型のウイルスに対する抗体をつくらせるワクチンです(4価ワクチンのガーダシルは加えて尖圭コンジローマの原因HPVも予防します)。なお、このワクチンに含まれるウイルスには中身(遺伝子)がないので、接種しても感染することはありません。

3回のワクチン接種で発がん性HPVの感染から長期にわたって体を守ることが可能です。ガーダシル(4価ワクチン)は約6.4年間、サーバリックス(2価ワクチン)は約9.4年間HPVの感染を防ぎます。さらにワクチン効果の持続期間について、海外の報告ではワクチンを接種した後の抗体価は自然に感染した抗体価のレベルを30年間上回ることが予測されています。

しかし、このワクチンはすでに感染しているHPVを排除したり子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまでも接種後のHPV感染を防ぐものです。
HPVワクチンを接種することでHPV16型・18型の感染を防ぐことができますが、全ての発がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではありません。そのため、ワクチンを接種しなかった場合と比べれば可能性はかなり低いものの、ワクチンを接種していても子宮頸がんにかかる可能性はあります。よって子宮頸がんを完全に予防するためには、接種後も年に1回は子宮頸がん検診を受けましょう。

予防ワクチンの接種方法

半年の間に3回接種(初回、2か月後、6か月後)します。
現時点では12~16歳の女子は公費で無料にて接種できます。ご相談ください。

その他当院にて可能なワクチン接種

当院では以下のワクチン接種も可能です。ご検討の方は是非一度ご相談ください。

  • 麻疹/風疹ワクチン
  • インフルエンザワクチン